今週のMPEG花火


花火打上シーン・早打


早打は日本の花火の代表的な打上方法です。従事者の安全確保から近年はあまり行われなくなりましたが、防護を 完全にして実施すればさほど危険な方法ではありません(大玉は別ですが)。観客の安全を確保する意味からは、誰も見ていない筒から玉を発射するよりも 現場状況を確認しながら花火を消費できる早打の方が安全という見方もできます。
筒の中に真っ赤に焼いた「焼金」と呼ばれる鉄の塊やチェーンを入れておき、発射薬のついた花火玉を繰り返し投げ込むことになります。1本の筒で20-30発の 花火玉を連続で打ち上げることが可能です。
●ダウンロードには少し時間がかかります。
花火映像館トップページに戻る